A lighthouse

ファストが書いてるアレです(´・ω・`) 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
先週のライブレポ。
今さらでごめんなさい。

天候は残念ながら雨。
グッズ販売をやるのかどうか微妙なとこでしたが、やる前提で会場に行きました。
すると嬉しいことに、4時半から販売開始って貼り紙が。
俺の目当ては勿論、イッチータオル。
あんなデザインのタオルはみんなに買えと言ってるようなものでしょ。
現にみんな買ってたし。
俺も買いましたし。
これからイッチータオル愛用していきます。

整列は非常につらいものでした。
だって。ほら。なんか降ってるんだって。
だって。ほら。俺Tシャツなんだって。
そんな中で待ってたので、手足ブルッブル。
目の前のACIDMANを目前に凍死しそうでした。
凍死寸前で会場に入れました。
ドリンクやグッズには目もくれず、早歩きで中に。
番号は300台だったけど、サトマ側の5列目くらいに入れました。
中には入れたけど、そこから一時間以上待ちます。
時計もない中だからちょっとつらかったです。
ACIDMAN焦らしすぎ!

そしてそして。とうとうきました。
場内にgreen chordが流れる。
その瞬間、当然なんだろうけど、予想外に前に押し出される。
死を感じたわ。だって、ただ流れただけだよ。
メンバー登場して、演奏したらどうなるんだ。
後ろに下がりたい。だけど下がれない。
下がれないままでメンバー登場。
目の前にACIDMANがいる。あれだけ夢見たACIDMANがいる。
興奮しまくって鼻血出そうなのに、早速一曲目。

Returning
初っ端から全英詩の曲とはやってくれるぜ。
掴みには最適の曲で、テンションあがりまくり。
本当なら拳をあげながら跳びたいところだけど、できず。
周りが強すぎるんですん。
あまりに押されてまともに跳べない。
俺の近くにいる人で、大きい人はそこまでいない。
むしろ俺より小さい人の方が多いくらい。
なのに負けました。
曲はすっげー良いのに出鼻をくじかれました。

Ride the wave
green chordの中でもかなり好きな曲。
Returningでは周りに圧倒されたけど、もうそんな事は関係ない。
首振りまくって、拳かざして、全力で跳びました。
本当に楽しい。これはやばい。
間奏でイッチーがスティックを叩くとこを密かに楽しみにしていたので、そこはイッチーを凝視しました。

ここからは順番ごっちゃです。
やった曲は覚えてるけど、順番は覚えてないっていう(ry

アイソトープ
やるなんて全然思ってなかった。
しかも最初の方。心の準備が全然できてませんでした。
またまた全英詩の曲とはやってくれるぜ。
かっこよすぎる。
会場のテンションは最高潮。

River
ちょwwwおまwwww
これも同じく全然やるっ思ってなかった。
つか、他の会場のセットリスト見てないからどんなのやるのか(ry
サトマかっこよすぎワロタ。
大木さん側にいたんだけど、ずっとサトマの方見てました。
そして間奏で大木さんがピックを口にくわえる。
なんか可愛かった。
そして口から手に持ちかえる。
これも可愛かった。

REAL DISTANCE
大木さんの綺麗な声が会場を包み込みました。
静かな曲調だけど、内側から盛り上がってきます。
これもベースがかっこよかったなぁ。

千年歩行
ベースから始まって、その瞬間の歓声やばかったです。
なんであんなにかっこいいんですかwww
静かな曲調だから、あんま激しくならないって思ってたけど、見事に予想外だった。
対処しきれなくて死にそうになりました。

スロウレイン
ktkr!
実は一番聴きたかった曲。
ドラム、ベース、ギター、もう全部好き。
素敵すぎて思わず、唄っちまった。
あんま唄いたくなかったけど、自分の気持ちを抑える事ができませんでした。
最高に気持ちよかった。

季節の灯
大木さんがアコギに持ちかえ、なにをやるのかと思ったら季節の灯。
アルペジオ始まった時は何て曲かわからなかった(ry
生で見てなお更思ったんだけど、指を移動する時に鳴るキュッって音良いね。

So Far
「It's So Far~~」の部分を唄う大木さんの顔が凄いかっこよかった。
静かな曲だけに、みんな静かに聴いてました。
誰も跳んだりしてないから、よくメンバーを見えました。
演奏するところをしっかり見る事できて、すげー良かった。

equal
やべぇwwwwwwwwwwwwwこれはwwwwwwwwww
反則です。
「あらゆる色の生命をイコールで繋ぐ」
俺の大好きなフレーズを、全身全霊こめて熱唱してしまった。
周りの人も唄ってた。すげー楽しい。
イコールはこんなに盛り上がれる曲だと思ってませんでした。
どちらかというと、静かに聴く方だと思ってたから。
全然違うんですね。
みんな跳びまくりワロタ。

プリズムの夜
CDで聴く限り、あまり好きではありませんでした。
だけどライブで聴いてから大好きに(ry
流石ライブ。

Dawn Chorus
爽快なギターソロから始まって、凄いかっこよかった。
instを初めて生で見たけど歌詞が無くても曲だけで、ちゃんと音楽って成立するんですね。
歌詞が無い分、演奏の方を集中して見る事でできました。

Walking Dada
聴けると思ってなかった。
ベースかっこよすぎて鼻血出そうになったわ。

ある証明
これはマジでやばかった。
モッシュで人の肘とか何発も入ったけど、そんなの全然気にならない。
「手を伸ばした」ってとこで拳を突き上げた時は、もうね。
今回のライブの中で一番楽しかった。

懸命の銘
かっこいいイントロで、ずっとかっこよくて。
やけに大木さんの声がかっこよく聴こえたなぁ。
英語の部分は我慢できずに熱唱。
なんて言ってるのかよく理解してないんだけどね。
その場の雰囲気みたいな。

波,白く
照明が更に盛り上げてくれました。
ライブDVD見てわかってたけど、この曲やべぇ。
この時入った肘はかなり危なかったです。

アレグロ
実は初めて聴きました。
つーか創聴いた事ないん(ry
会場の一体感っていうのかな。それが凄いって思いました。
お客さんみんなが大木さん見てた気がしました。
サトマ側の人も顔を斜めに向けて。

calm
そろそろライブが終わる事が頭をちらつき始めました。
この曲の間奏が大好きで、生だともっと好きになる。
泣きそうになったわ。

toward
最後の曲。
10分にわたる壮大な曲で、ライブを締めくくるには良すぎるぜ。
みんな静かに聴いててよかったなぁ。
これで終わると思うと、ちょっと残念。
もっとACIDMANの演奏を見ていたい。ずっとこの空間にいたい。
だけど、10分なんていう時間はあっという間にすぎる。
すげーよかった。


アンコール

造花が笑う
CD聴いてもあれだけ興奮するんだ。ライブDVD見てもあれだけ興奮するんだ。
目の前でやられたら狂っちゃいますwwwwwwww
やばいっすwwwwwwww
後先の事なんて考えないで、前線に跳びまくったわ。
やばい楽しすぎました。
と、ここでアクシデント。
俺の足元になにかがぶつかったので振り返ると、人が二人倒れてました。
周りにいた人みんなが手を伸ばして、2人を助けてて、すげー感動した。
俺も手のばしたけどさ。
二人が起き上がって大丈夫な事を確認してから、再び盛り上がりました。

飛光
ライブDVDと繋がりが一緒だったから、すぐに飛光とわかりました。
その瞬間リミッターきれたわ。
サトマも叫ぶし、みんな叫ぶし。
これで本当に最後。後悔ないように、跳びまくり!



すっげー楽しかったです。
もう楽しすぎて、記憶にあんま残ってないから文章滅茶苦茶だな。
それだけ楽しかったってこと(>ヮ<)ノ(>ヮ<)ノ

そういやMCくそわろた。
イッチーを大木さんとサトマでいじめすぎ。
「鼻でしゃべれ」「いちごに生まれなくてよかったわ」
とかwwwwww
そしてイッチーも「俺のひげはACIDMANと共にあり」なんていう名言残したし。

曲もMCも、全部楽しめました。
これは来年も行かなくちゃ

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ipgw.blog18.fc2.com/tb.php/284-b7e21679

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。